Appi Pension StarDust
安比高原ペンション & いわて地産地消レストラン
自然のリゾートオアシス安比高原スターダストへようこそ
Contents
インフォメーション
施設のご案内
宿泊予約
料金のご案内
お料理のご案内
友食(ドリンク)
食彩歳記
オリジナルプラン
スタッフ紹介
イベント案内
レストラン
体験教室
交通案内
すた〜倶楽部
スターダスト日記
食彩アトリエ
料理教室
 
 〜オリジナルブライダル〜
低価格でも印象的な結婚式が演出できます。ぜひご相談ください。
 
HOMEお問合せ

食彩歳記(9月)
四季の美味しさ、お伝えします

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
重陽の節句 9月9日は五節句の一つ重陽の節句です。重陽の語源は陽が重なることです。古来より奇数は陽数とされ縁起の良い数だったのです。陽数の最大の数である九が重なる九月九日を重陽の日として、お祝いしました。
<菊>
長寿の効用があるといわれる菊を、酒に浮かべて飲んだり、菊の料理を食べることから菊の節句とも呼ばれています。
※菊御膳の一例です
・ 菊花揚げ
・ いかの菊花巻き
・ きゅうりと菊花の酢の物
・ 菊花豆腐の吸い物
・ 菊花ごはん
・ 菊酒
●菊花豆腐の吸い物
木綿豆腐・・1丁、二番だし・・600cc、塩・・小さじ1弱、だし汁・・900cc、塩・・小さじ1弱、
しょうゆ・・小さじ1、柚子の皮
木綿豆腐を6等分し、菊花になるように格子に切り目を入れる。二番だしに塩を入れただし汁で、菊花にした豆腐を温める。だし汁を塩、しょうゆで調味する。お椀に温めた豆腐を入れ吸い地を注ぎ、柚子を入れる



お月見 旧暦の8月15日の夜を「十五夜」といい、その日に出る月を仲秋の名月と呼びます。その日にお月見をして楽しみます。またこの日に里芋を収穫してお供えする習慣から「芋名月」とも呼ばれています。
秋の七草ススキ、萩、撫子、葛、女郎花、藤袴、桔梗をお供えします。
<月見団子・里芋>
お月見のときは月見団子を15個、里芋を5個、そのほかの野菜・果物と秋の七草をお供えします。
お月見団子を食べた子供は長生きするといわれています。
※お月見御膳の一例です
・ きのこのかやくご飯
・ さつま芋の栂尾煮
・ きぬかつぎ
・ 枝豆の塩茹で
・ 山芋の飛竜豆
・ 沢煮椀
・ 月見だんご



秋彼岸 春分の日と同じく、昼夜の時間が同じになる日です。前後三日を合わせて秋のお彼岸です。
<おはぎ>
乱れ咲く萩の花にみたてたおはぎをお供えします。
おはぎ




このページの先頭へ


食楽の宿
スターダスト
岩手県八幡平市安比高原
TEL:0195-73-5132

stardust@appi-yado.net





Copyright (C) 2007 Star Dust All Rights Reserved